帰省のお土産にカレンダーを

2018年ももうすぐ終わりますね。お正月は帰省するという方も多いかと思います。帰省の時のお土産に迷ったら、フォトカレンダーはいかがでしょう?昨年はじめて自分でもカレンダーを作って、実家の両親にプレゼントしました。おせちを食べながら、みんなで想い出の写真を見てワイワイと盛り上がり、ものすごく喜んでもらえました!フォトカレンダーのよいところは、フォトブックなどと違い、1年中、ずっと飾ってもらい、使ってもらえること。僕が作ったカレンダーもリビングのテレビの横に置いてくれていて、帰省するたびに、感謝されます。フォトカレンダーは、帰省のお土産に絶対オススメですよ!

今回は、見やすくて使いやす壁掛けタイプのカレンダーをご紹介します。

このデザインは「壁掛けカレンダーA3サイズ<2ヶ月タイプ/コラージュ(複数写真)>」になります。他にもスケジョールを書き込めるデザインや月曜日はじまりのデザインもあります。

お孫さんの笑顔いっぱいのこんな素敵なカレンダーもらったら、おじいちゃんもおばあちゃんも、たまらないだろうな〜毎日カレンダー見ながら、ニコニコして幸せに暮らせるはず!

このカレンダーは、PHOTOLAB津田沼パルコ店の鈴木店長が作ってくれました。実物は、津田沼パルコ店で見ることができます。写真大好きな鈴木店長は、PDAYを作る際のアドバイスなんかも優しく教えてくれはずですよ!

僕も明日から帰省するので、これから写真を選んで、カレンダー作ります!今日注文しても、即日仕上げだから、ぜんぜんまだ間に合います。親孝行する絶好のチャ〜ンス!

それでは、みなさん、よいお年を!

イラストのカレンダーも素敵です

「写真でつくるカレンダー”PDAY“」は、正確には、「画像でつくるカレンダー」サービスなので、写真だけでなく、画像(JPEG)になっていれば、どんな内容でもカレンダーを作ることができます。例えば、お子さまが描いたイラストでカレンダーを作って、おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントする方なんかも実際多かったりします。

今回は、京都在住のイラストレーターはしもとゆかさんに、カレンダーを作ってもらいました。

ゆるい感じのイラストが素敵ですよね〜。普通に買いたくなります。
個人的にずっと行ってみたい「茂庵」が描かれていて、たまりません。ひさしぶりに、京都へ行ってみたくなりました。

はしもとゆか
http://www.hashimotoyuka.com/

はしもとさんは、このカレンダーをご両親にプレゼントされるとか。こんな素敵なイラストを描いて、プレゼントしてくれる優しい娘さんがいてご両親は、幸せですね。うらやまし〜い。

料理の記録をカレンダーにしてみよう

もうすぐクリスマスですね。
いつもと違った手の込んだ料理を作って、家族や友達とパーティーしたりする人も多いのでは。せっかく時間かけて作った料理は、写真撮りたくなりますよね。

今回は、スウェーデンの伝統的な家庭料理や食文化を楽しく美味しく素敵に学べる料理教室「Potatis」の鈴木真由子先生に、料理教室の写真でカレンダーを作ってもらいました。





料理教室では、毎回こんな素敵な料理を作って食べられるそうで、うらやましいかぎり。食べ物の写真だけのカレンダーもいいですよね!部屋に飾ったりして、楽しめますね。

スウェーデン料理教室「Potatis」
http://potatis.jp

愛らしいペットの写真でカレンダー

12月になり、すっかり寒くなりましたね。

寒くなると、実家で暮らしていたころ、毎朝ストーブの取り合いをしていた猫のたまちゃんのことを思い出す。ストーブの前で、お互いしばらく動けずに、毎朝ブルブルしてたな〜。

さて、カレンダーの写真で一番人気の被写体は、
「子供」「友達」「恋人」、そして、「猫」

田中優美さん家の愛らしい猫ちゃん、ヤマくん(グレー)、ニンくん(ブラウン)
http://yumitanaka.com

とっても、とっても癒されますよね〜。
寒い冬は、猫とこたつで丸くなりたい。

そういえば、最近、実家には、ポコちゃんという猫がいるらしいので、僕も写真撮って、カレンダー作って、おかんにプレゼントしてあげよかな。

<お知らせ>
PDAYの公式インスタグラムはじめました。
https://www.instagram.com/pdayjp/
PDAYで作ったいろいろなカレンダーを紹介していきますので、ぜひフォローください!